tete一般社団法人 子育て交流ぽーと tete(てて)

手を取り合ってこどもたちを育んでいこう一人で頑張りすぎないようにを取り合っていこう

次世代を担うこどもたちに
子育てしやすいやさしい社会を残してあげたい。
teteは、交流を通して人と人が安心して頼り合える
あたたかなコミュニティづくりを推進しています。

事業内容DESCRIPTION

ベビークルーズロゴ

ネット社会だからこそリアルにつながる場を大切に。
保健師・助産師などの専門スタッフ、子育て講師が
親子の交流と学びをサポートします。

お知らせNEWS&TOPICS

読み込み中...

今月の予定SCHEDULE CALENDAR

私たちについてABOUT US

「親子を人と、社会とつなぎたい!」

看護、保育、地域の子育てサポーターなど、それぞれの経験で得られた想いが集まりteteが誕生しました。

私は、2010年から孤立しがちな親子のための交流サロンを開いてきました。新潟市中央区は、転勤族や県外出身者が多い土地柄で、来る人来る人同じような悩みを話されていました。サロンを訪れる親子はみなさん、最初は緊張した面持ちですが、話していくうちに共通点が見つかっていきます。

「自分だけがワンオペ育児じゃないと分かって励みになりました」
「同じ月齢の子がいる人と話せて安心しました」

と会が終わる頃には、お互いの話を聴き合ったり、連絡を取り合っているのが印象的でした。ウェブが浸透し、人間関係が希薄化する現代社会。だからこそ、こうしたピアサポートが生まれるコミュニティづくりがしたい!と感じた時でした。 私たちが出会える親子はほんの僅かです。様々な事情で子どもを連れて家から出ることさえ難しい方もいらっしゃいます。ですが、どこかで私たちの想いを受け取った人から人へ、その一粒のやさしさが、親子の愛着を深め、家族、そして地域の絆として広がっていくよう期待を込めて活動しています。

妊娠・出産・子育て期に仲間と出会い、交流するベビークルーズ事業は、妊娠期からの切れ目ない子育て支援です。親子は、クルーズ(仲間)から学び、そして育児の経験者や専門職との関わりの中で、自信を持つことができるようなサポートです。また、様々な知識や知恵を与えてくれる子育て講師たちは、親子の自主グループ活動を支援しています。講師自身も子育て中ですが、社会の一員として力を発揮できる場として機能しています。 妊娠・出産・子育てと新しい家族を迎えるライフサイクルの中で、親子が安心して育ち合える、頼り合える社会にするために私たちができること、それは『つなぐ』ことだと考えます。次世代を担う子どもたちに誇れる地域を引き継いでもらえるように。地域の住民、行政、教育機関、企業、医療や福祉など、分野を超えた仲間との地域づくりへの挑戦です。

一般社団法人子育て交流ぽーとtete
代表理事 平山 沙知子

概要

名称
一般社団法人 子育て交流ぽーと tete
代表理事
平山 沙知子
活動内容
新潟市内各地に出張し、子育てを通して学び合い、心も体も健康な暮らしができるような集いや講座を開催しています。
連絡先
080-6250-3653
定款
一般社団法人 子育て交流ぽーと tete 定款

teteのあゆみ

2015年8月
親子の育ち合いルームtete誕生
2016年2月~
学校法人 国際総合学園 国際こども・福祉カレッジ3年生「子育て相談」特別講師
2016年4月
新潟市中央区特色ある区づくり事業「妊カフェ」「育カフェ」を受託
2016年5月
子育て応援番組nicotto出演
2016年6月
「核家族、転勤族など集う」新潟日報掲載
2016年8月
日本母乳育児シンポジウム発表「地域の子育て支援と市保健師との協働」
2016年10月
「ピンクリボン月間 乳がんセルフチェック」新潟日報掲載
2016年11月
上所小学校6年「総合授業」講師
2016年11月~
鳥屋野中学校3年「乳幼児ふれあい体験授業」講師・サポーター
2017年9月~
鳥屋野・八千代子育て支援センター「マタニティプログラム」講師
2019年3月
一般社団法人子育て交流ぽーとtete設立
2019年7月
BSNラジオ「ゴゴイチ」出演
2019年10月
新潟市中央区特色ある区づくり事業「赤ちゃん誕生お祝い会」受託
2019年12月
新潟市万代高等学校1学年「総合的な探求の時間」講師

理事紹介

平山 沙知子 代表理事

平山 沙知子

山形大学医学部看護学科卒業。保健師、看護師。大学病院看護師勤務を経て、妊娠・子育て中に夫の転勤を経験。地域の母子保健事業へ関わる中で、子育て中の親子の交流支援の必要性を強く感じ、2010年に子育てサロンBranchを設立する。
現在、看護学生の実習指導や通信教育学部の非常勤講師、訪問看護師、行政などの委員を務める。

JRFAフットセラピスト。(社)日本アタッチメント育児協会 ベビー・キッズ・マッサージ・アタッチメントジムインストラクター、食育インストラクター、(社)母子栄養協会 妊産婦食アドバイザー。新潟小児看護研究会会員。

3児の母。優しさとぬくもりを伝えるモビールクリエイター。

夏目 文子 理事

夏目 文子

群馬大学助産学専攻卒業。助産師。新潟大学医歯学総合病院、クリニックで分娩介助、母子事業に携わる。第5子出産後、夏目文子出張助産所を開業する。現在、新潟市訪問登録助産師として、主に新生児訪問に従事。新潟市の母子保健事業の育児相談会などに従事。

新潟県助産師会および新潟市助産師会所属。母子フィジカルサポート研究会正会員。

橋本 純子 理事

橋本 純子

保健師、看護師、養護教諭。大学卒業後、新潟大学医歯学総合病院勤務、出産を機に退職。
現在、青陵大学看護学部看護学科非常勤、新潟大学医学部保健学科看護学専攻非常勤兼任。
過去、新潟市中央区非常勤職員として子育て支援事業の育児相談業務に従事。

子育て支援団体「親子の育ち合いルームtete」を設立する。

一般社団法人 子育て交流ぽーと
tete

新潟県新潟市中央区堀之内南
3丁目7番22号27